借りたお金でFXをして、損したバカな自分。

"ニートの自分は、お金を増やそうとして、ついFXに手を出してしまいました。
お金は親から借りるしかないので、嘘の儲け話をしてしまい、絶対に上手くいくと説得させました。
ですが、その上手くいくと思ったFXは結局失敗してしまい、借りた金を返すことが出来なくなりました。
こんな事なら、最初からしなければと今は後悔しています。
こうなったのも、自分の才能を過信したからだと思います。
やはり、お金を借りるくらいなら、最初からお金を稼いだほうがいいです。
逆に言うと、お金を稼ぐことができないから、お金を借りようとしたと思います。
ともかく、FXで大儲けしようとした自分がバカでした。
やはり、お金を稼ぐには地道に働くのが一番です。
欲望は誰でもありますが、借りたお金を資金にして、博打のような真似をするのは良くありません。
絶対に稼ぐからと、嘘をついたのは良くありませんでした。
ただし、上手く稼ぐことが出来たら嘘では無かったのです。
結局失敗したので、自分は嘘つきの泥棒みたいです。"


メニュー

子ども保険商品

保険に入りました

育児情報局

年金ニュース

マネーの知識

リンク集

運営者情報