生命保険は親への感謝の気持ちです

"保険をかけることは、親への感謝である。
私のライフプランナーが教えてくれた言葉です。
社会人2年目になり、今年で24歳。まだまだ自立しているとはいえない状況でもある。
そんな中、もし自分に何かあったら…そんな話をしてくれました。

お金が全てではないが、人は死ぬまでお金がかかる。
今自分が死んだら誰がそのお金を払うのか。
そう、今の私にとって、その相手は両親である。

おそらく何としてでも払ってくれるだろう。
貯金を崩してか、どこかから借りてきてか。
いずれにしてもその費用が多額です。

自分が死ぬだけでも親不孝である。
しかし、それに加えて経済的な不安をかけるなんてできない。

そんな思いで保険に加入しました。
今入っているのは、両親に安心してもらうための保険。
両親に安心してもらい、将来予定していた親孝行の先払いをするための保険。
そう考えている。

何かあるかわからない。何もないかもしれない。
しかし、その気持ちが大切なんだと教えてくれました。

"


メニュー

子ども保険商品

保険に入りました

育児情報局

年金ニュース

マネーの知識

リンク集

運営者情報