第一子誕生

とにかく、第一子を出産する時は、「出産」の痛みに自分が耐えられるか、
という不安がかなり大きかったです。

本当に怖くて怖くて仕方なくて、会社の先輩に相談したところ、
「私は無痛分娩にしたら楽だったよ~」と、ケロっとした顔で
言ってくれて、そんなに楽に産める方法があるのか!と驚いたものです。
そこで、第一子は「無痛分娩」で産むことに決めました。
無痛分娩というのはいわゆる「麻酔」をして分娩するってことだと思います。

しかし、いざ陣痛がはじまり分娩台に上がるまでは、自然分娩の方と同じですから、
痛さはもちろんありましたね。
分娩台に上がり「無痛希望です!(←私はこの時点まで聞いて貰えなかったんですね^^;)」と
医師に告げ、背中に麻酔の管を差し麻酔してもらいましたが、これも又痛かったですね~><
(無痛分娩の方法やどこまで無痛にするのかというのは、病院によって違うようなので、
この辺は確認してくださいね)

結局、私は、無痛にすることで、いきむ力がなくなってしまって、
無痛と言っても、定期的に訪れる痛みに耐えながら、丸一日分娩代の上でした^^;
赤ちゃんも出にくくなってしまい、最終的には赤ちゃんを機械で吸引して貰うって形で出産しました。

とにかく、どこが無痛分娩じゃ!ってくらい一人目はしんどかったですね~><;;
だからってことはないですが、本当に我が子を抱かせて貰った時は感動しましたよ。

二人目は「どうせ痛いなら自然分娩でいい」って気持ちがありましたので、
普通に自然分娩で産みましたが、二人目で産道が開いていたのか、
本当にあっという間でしたね^^;
それでも生まれてきてくれた我が子にはとても感動したものです。

一言で「お産」と言ってもそれぞれ全然違うな~と思いました。


メニュー

子ども保険商品

保険に入りました

育児情報局

年金ニュース

マネーの知識

リンク集

運営者情報