JAの車両保険

"車の免許を取得し初めての車を持った時、母から保険手続きをするように言われ親と同じ会社で加入しようと思い入ったのがJAの車両保険でした。
失敗したな、と思ったのは自分の車が駐車中相手の過失によりぶつけられて、相手方の保険屋さんが来た時の事です。
たまたま相手もJAの保険に加入していたのですが、聞き取り調査でも何もかも私の主張の通り、言った事がそのまま通った事に違和感を覚えたのでした。
私の車が購入後2週間しかたっておらず無傷だったという証明がしやすかったというのも大きいのかもしれませんが、それでも、何を言ってもハイハイと頷かれるので、もし今後自分が過失を犯した場合この保険屋では相手に言いくるめられてしまう、と思ったのです。
その事をきっかけに、すぐに保険を変えて今は三井ダイレクトに入っています。この事を友人たちと話していたところ、JAは定期的に部署移動があってずっと保険業務に携わっているわけではないから他の大手に比べると交渉能力が弱い、と言われました。実際それは単なる噂でしかないのかもしれませんが、あの時私が感じたのはまさにその対応能力の弱さだったので、保険屋を変えた事に悔いはありません。
また、他の会社の保険と比べても掛け金が高い、というのも敬遠するには大きな理由になります。高い割に守って貰えない、では入る意味がありません。
今はJAも変わってきているのかもしれませんが、全国にある割に通帳が統一されていない、とか不便事も多いので、この先私がJAの保険に戻る事はないでしょう。"


メニュー

子ども保険商品

保険に入りました

育児情報局

年金ニュース

マネーの知識

リンク集

運営者情報